画像の説明

いわゆる日本の伝統芸能「歌舞伎」とは似ても似つかぬ、ヒなるもの。

であるのならこれは、マガイモノ。

はたまた下卑た、ニセノモノ。

さてこれがニセモノかホンモノか、シカトその目でご覧じろ。

nagoyakabuki

 

toha

 

photo

2016年4月に名古屋の新名所として、円頓寺商店街に誕生したカブキカフェ「ナゴヤ座」

カフェとは名ばかりで、中に入ると、花道と舞台、そしてお客席

そこはまさに芝居小屋

このナゴヤ座で毎週、金土日に行われているのは、

ナゴヤ座専属の名古屋山三郎一座(ナゴヤサンザブロウイチザ)による、

「ナゴヤカブキ」

お芝居なのか、大衆演劇なのか、歌舞伎ではなさそうだけど、とにかくド派手

と思っていたらどんどん巻き込まれていき

オヒネリ投げたり、オオムコウかけたり

ボールが降ってきたり、それを投げたり、人が頭上を通過したり、紙吹雪がえらいことになったり

ここはまるでアトラクション

そいつはまさに

新感覚

そして体感型

これが

「ナゴヤカブキ」

 

yoshitsunebenkei

現在、ナゴヤ座で上演中の演目はナゴヤカブキ2「義経&弁慶 シリーズ」になっております。

どの演目をご覧いただいても一話完結となっております。

shanaou

ナゴヤカブキ「遮那王-YOSHITSUNE & BENKEI-」
NAGOYA KABUKI SHANAOU

平家打倒の悲願を果たすため鞍馬山を降りた遮那王(後の義経)、そこで武蔵坊弁慶と出会い、なにやら怪しい奴が現れる。これは義経が京を離れるまでの物語。

jo

ナゴヤカブキ「牛若-YOSHITSUNE & BENKEI-」
NAGOYA KABUKI USHIWAKA

幼き義経(牛若丸)が鞍馬山で天狗と出会う。全ての始まり。
弁慶と出会うずっと前の物語。

toranoo

ナゴヤカブキ「虎の尾-YOSHITSUNE & BENKEI-」
NAGOYA KABUKI TORA-NO-O

壇ノ浦の戦いの後、義経一行が鎌倉からの追っ手を振り切ってたどり着いたのは「安宅の関」。そこで出会った冨樫という男。山伏に変装して切り抜けようとする弁慶。
言わずと知れた歌舞伎「勧進帳」のナゴヤカブキバージョン。しかしここはナゴヤ座、もちろんただでは帰しますまい。

脚本:右来左往

※2017年4月29日の一周年記念ウィークよりスタート

演目の日程はチケットページのスケジュールをご確認ください。

殺陣:名古屋山三郎、team TRASH
音楽:たなかつとむ、佐乃健介
衣装:加藤正

音響・照明・美術:ナゴヤ座

PHOTO:eZa
SPECIAL THANKS:西川千雅、jbstyle、RE-act、ジャイアントステップス、ぬ組、
奥村税理士事務所、西アサヒ、アランチャ、野田仙、円頓寺商店街

photo

ticket nagoyakabuki system cast
kashikiri shuchou kyosan
access

カブキカフェ「ナゴヤ座」
名古屋市西区那古野1丁目21-21 ハモニカ荘2B号室(旧麒麟亭)

?:080-4223-7583(4月から番号が変わりました)
※電話受付時間/平日:月曜日から木曜日12:00〜18:00
(公演や稽古などで出られない場合がございます。予めご了承ください。)

[公共交通機関]
□名古屋駅より地下街ユニモールを抜け「国際センター」駅2番出口へ
□地下鉄桜通線「国際センター」駅2番出口より北東へ徒歩5分

cintact

maila

内容 -About to-
お名前 -Name-
団体・法人名 -Group name-
メールアドレス -Email-
メールアドレス(確認)-Email-
※確認のためもう一度ご記入ください。
ご連絡先(携帯番号)
-Phone number-
お問い合わせ内容 -Message-
※ご自由にご記入ください。
 

nagoyaza